私はこうして家を建てた

ハウスメーカー・工務店・設計事務所

近所の人が家を売り出し中

我が家を購入してから、すでに4年ほどになります。もう新築ではありませんが、特に不満もなくまだまだ快適に暮らせています。

この家は建売の一戸建て住宅で、近所には同じシリーズで数軒が同時期に売り出されていました。

先日、中古住宅の売り出しに関する折り込みチラシが入りました。住宅のチラシは好きなので、いつもチェックしています。

それで何気なく見ているとなんとなく見覚えのある写真が掲載されていました。よく見てみると、まさにうちと同じシリーズで売り出された近所の家のうちの一軒でした。

色々な事情はあるとは思いますが、この短い年数で売りに出すのだということにまず驚きました。それと売り出し価格にも驚きました。

新築時の価格とほぼ一緒だったのです。正直言って強気の価格設定だなと思いました。

でも築年数が少ないからこそそういう値段をつけられるのかもしれません。そんな価格で売れるのかはわかりませんが、同じシリーズなだけにとても気になりました。

我が家には今いくらの価値があるのか、誰でも気になりますよね。

その家の方とは全く交流がないので、事情なども聞くことはできないのがとても残念です。

素人なので中古住宅の価格設定については分かりませんが、初めは強気の値段で出して、買い手がつかない場合に少しづつ値段を下げていくのかなと思いました。

うちは終の棲家のつもりで、永住するつもりでこの家を買うことを決めました。

なので、売却するつもりは全くないのですが、中古で売り出した場合にどれくらいの価格で売れるものなのか、すごく気になります。

特に歳をとってから何十年後かにこの家を売る時は土地代くらいしか手に入らないのかなという事も気になります。

ネットで確認したらその近所の家の情報が載っていたので、これからもついチェックしてしまいそうです。

また違った話になっていまいますが、先程のような中古住宅を売却するのではなく、リノベーションして賃貸に転用する方もいるようです。

これ自体は珍しくもなんと無いのですが、賃貸と言っても民泊として、貸し出すのです。

イメージとしては、WEEKLYマンション的な感じです。中長期でなく、短期の貸出がメインとなるのです。

誰に貸し出すか気になるところですが、主に海外からの旅行者にホテルや旅館代わりに空き家・部屋を提供するのです。

それって旅館やホテル業に該当しないか疑問に思うでしょうが、国家戦略特区という政府が指定した地域では民泊条例に従えば、問題ないようなのです。

ただ海外旅行者とのパイプなんてないのが当たり前なので、予約はどうすればいいか気になるところだと思います。

これはエアビーアンドビーというアメリカの会社なのですが、このサービスを利用することで、予約を比較的簡単に取ることができるのです。

流れは、このエアビーアンドビーのサイトにホストとして登録すれば、あなたの部屋に泊まりたいゲストが、検索して気に入れば予約が入る仕組みなのです。

仕組みは非常に簡単なのです。

しかし当然問題となることがあります。それはゲストとの予約、問い合わせのやり取りが外国語になることです。

またエリアや競合次第で、予約が入りづらいこともあるのです。せっかく登録しても問合せもないようでは、意味がありません。

つまり、予約を取るにはノウハウが必要となるのです。また予約を取った後もゲストとのやり取りも沢山あるのです。

これでは私には無理という方も多いでしょう。そこで活用するのがエアビーアンドビーの運用を一手に代行してくれる会社に依頼するのです。

代行会社に依頼すれば、自分ですることは物件を準備するだけになります。

さらには物件はこれからという方にも、代行会社によってはエアビーアンドビーに適した物件を紹介してくれるサービスもあるのです。

興味のある方は、リサーチして見ては如何でしょうか?

コメントは受け付けていません。