私はこうして家を建てた

ハウスメーカー・工務店・設計事務所

マンション購入と戸建て購入の違い

マイホームの購入を考える人の多くがまず考えるのが、
マンションか戸建てのどちらを購入するかということだと思います。
私自身が実際そうでしたし、マイホームの購入を考え始めた人から
相談を受けるとたいていその話題から始まります。

私は最初、マンションもマイホームも両方見に行きましたが、
最終的には戸建てを購入することになりました。
その2つのうちどちらにするかは、夫の仕事と家族が判断基準になると思います。

夫の仕事がどう関わるかというと、定期的に転勤があるかどうかです。
転勤が多い会社だと2~3年おきに引っ越しをすると聞いたことがあります。
単身赴任をする予定であるならともかく、転勤のたびに奥さんやお子さんが
付いていく考えであれば戸建ての購入は避けた方が良さそうです。
マイホームを探し始めて、戸建てだと中古で販売する場合にかなり値段が下がるものの、
マンションであれば中古であってもそれほど値段を下げずに
販売できる場合が多いと知りました。
そのため、頻繁でなくとも転勤があって、いずれ住まいを手放す可能性があるなら
マンションを購入した方が良いという話を聞きました。
うちの夫は転勤の無い仕事をしているので、戸建てを購入することになりました。

そのほか我が家の場合は、夫が次男であることもマイホーム探しの判断材料になっています。
何故かというと、実家を相続するのがお義兄さんだと決まっていたので、
夫が購入するマイホームは生涯の住まいとして考える必要があったためです。
実際にお義兄さんは実家を継ぐ意志があったので、
うちがマイホームを購入する前にマンションを購入していました。
そしてもともとそのマンションに何十年も住むつもりはなく、
将来売ることを見込んで駅から近い場所にしていました。

マイホームを探し始める前は、マンションにするか戸建てにするかは
それぞれの好みの問題だと思っていました。
でも実際には仕事や家族の事情が大きく関わっていて、
うちの場合は迷う余地も無いほどだった気がします。
私自身にどちらかを希望するような強いこだわりは無かったので、
自然に決められて良かったです。

コメントは受け付けていません。